数々のヒット作を世に送り出したティムバートン

ティムバートンは、アメリカの映画監督。「バットマン」や「シザーハンズ」「チャーリーとチョコレート工場」「アリス・イン・ワンダーランド」などなど有名な作品ばかりだ。そんな彼の最新作とは・・・

数々のヒット作を世に送り出したティムバートン

ゆかりのティムバートン 展覧会

2014-07-25

○○だけダイエットやほとんど食べないダイエットというのを
よく見かけたりしますが・・・
これらのダイエット法、はどう思いますか?

食べないダイエットなどの経験があれば、解ると思いますが、
本当に辛いし、また危険ですよね。

学生時代、拒食症になってしまったがいました。
は少しぽっちゃりしている程度でしたが、
それがコンプレックスでした。

ある日風邪をひいて
間、何も食べられなかったそうです。

風邪が治って、
体重を計ると体重は減っていました。
にも「痩せたね」と言われ、嬉しくて、

「食べなければ痩せる!」
そう思い、その日からほとんど何も食べず
だけで生活を始めました。
当然体重は落ちます。

しかし、段々と食べることが怖くなってしまったんです。
「食べる=太る」
この方程式がの中で出来てしまったんですね。

そして、痩せることが楽しくなったは、
体重が落ちることだけに目がいっていたため、
痩せすぎてしまった事に気づかなかったのです。

から注意されても、は痩せた自分が羨ましいんだ。
そう思ってしまい、周りの声すら聞き入れることができなくなってしまったんですね。

が説得して、病院へ行ったときには、
すでには拒食症になってしまっていました。
食べようと思っても、体が拒否反応を示して食べられないのです。

痩せたくて始めたダイエットが、
結果的には自分を追い詰めてしまったんです!

しかし、これはだけに起こりうる事ではありません。

早く痩せたくて、食べないダイエットを始め、
続ければ、も拒食症になる可能性があります。
くれぐれもご注意を!

もとむのティムバートン 批評

2014-07-23

は、とにかく食べる事が大好きなので、
を成功させるために、
を置く場所を工夫するようにしています。

太りやすい人の一般的な傾向としては、
食欲の有無に関わらず、食べ物を見たら反射的に食べるようです。

…ある意味、本能に忠実ですね?
「すいてないけど、とりあえず食べとくかな…」
って感じですよね。

しかし、中ならこれはご法度!
この癖は絶対!直さなければいけません!

ということで、は、
を目に見えるところに置かないようにしているんです。

もっと言えば、
どうしても摂らなければならない食事のための食料以外は、
「買わない」のがには非常に有効でしょう。

でも、時にはストレスがたまらないように、食べることも必要です。
そういうときには必要な分だけ取ってあとは隠してしまうのが、
一番確実で効果がある方法です。

食べ物を目につかないようにすれば、
そもそもの食べ物を反射的に食べるという行為自体が
抑止されますからね!

棚の高いところに置くとか、戸棚の中にしまうなど、
なんでもいいです。
とりあえず目につく場所に食べ物を置くことをやめることから
を始めてみましょう!

どうしてもを食べたい場合は、
小分け袋タイプのを買って、
小さな袋一つずつ食べるようにしましょう。

大きな袋のを買った場合は
「今食べる分はこれだけ」と別に取って、
やはり袋を目に見えないところに隠してしまうのが鉄則です。

こうした小さな工夫の積み重ねが
に大きな効果をもたらすと思っています。
を動かすと同時に、
工夫も楽しみながらやってみましょう。

静流の町山智浩 ティムバートン

2014-07-21

ちょっと聞いてくださいよー

からが超不機嫌

頑張ってたのに
太ったらしい

でも…
それって脂肪が筋肉になったからじゃない?

って思ったらさー

体重計買ってくるって、体脂肪がわかるやつ(笑)

一生懸命になりすぎても
痩せない時もあると思うんだけど

パワーアップ↑

もマジマジチェックして
購入の・・・予感

なんかさ、痩せたい気持ちはよくわかるんだけど

ごはんを減らしてるのをみてると
こっちも食べたら悪いかな?って気になる

それに体に良いのはわかるんだよ

けどね、野菜ばかりじゃ・・・切ない

休日もから何やらしてるけど
って思えるんだよねー

平日のから自由にやっててくれって
思うんだけど…

友達かなんかが痩せたみたいで熱いのよ。。。

食べる気も・・・引ける

もだけど
なんか気が引けるー

とかも、たまには一緒にやるかーって
言う気も・・・なくす

熱くなられると、邪魔になりそうだし…

楽しいって次元じゃないし

最初は楽しくやってたのに
逆にストレスたまって痩せなさそう。。。

だとさ、筋肉もつくから健康的だし
脂肪が筋肉なら体重減らないんじゃ?って思うんだけど…

も色々良いと思うけどさ
いつの間にか楽しむ仲間がライバル・・・

どーなのかねー

おさむの野見隆明 ティムバートン

2014-07-19

肥満の原因を簡単に説明すると、
「摂取エネルギーが消費エネルギーを上回ってしまうから」です。
そして、肥満の大きな原因となるのが生活習慣。

実際、の経験上、
の生活習慣が不規則なほど肥満につながりやすいので、
生活習慣を改善することは
に欠かせないプロセスだと言えます。

例えば、食を食べないと、
前日の食から
その日の食までかなりの空腹期間ができ、
次の食事でが脂肪を一気に吸収しようとするので、
体脂肪がつきやすい悪循環が生まれてしまいます。

食事回数を増やすほど、体脂肪がつきにくいになるので、
食はきちんと食べましょう。

また、社会人になると、
遅く食事をする機会が増えてしまいますが、
はエネルギーの消費量が落ちるだけでなく、
エネルギーを体脂肪として貯めようとするメカニズムが働くので、
できるだけ遅い食事は避けましょう。

残業などで遅く食事をしなければならない場合は、
残業を終えてから「ガッツリ」食べるのではなく、
軽めの食事を2度に分けましょう。

その場合は、早い時間帯に主食となるものを食べて、
遅い時間にサイドメニューを食べるといいですよ。

そして、不足はエネルギーを蓄積させる大きな原因です。
、時間を確保するのは難しいと思いますので、
通勤途中や休日を利用してをする習慣をつけましょう。

ちなみに、のおすすめは気軽にできるウォーキングです。
20分歩くだけで、かなり違いますよ。

とにかく、
の生活習慣を少しずつでも改善していくことが、
の第一歩だと思います。

七郎のティムバートン キャラクター

2014-07-17

ご飯を食べたすぐ後なのに、
とかをつまんでしまったり・・・

寝るときでさえ、
やなどを
にしていないと落ち着かない・・・

食べ物依存症のようなものですよね。

ダイエットがなかなか進まない人の中には、
こんな理由がある人が少なくないと思います。

以前は、もそうだったんです。
中何かしらに入っている状況でした。

とか小さいものなら、
「そんなに太る事はない」と思っていたんですが
そこが怖いところで、
いくらとはいえ、立派な糖類ですし、
間食には違いないんですよね。

しかも、何かしらにしているので、
空腹感をそこまで感じる事はないのに、
食事の時間になれば、
「食事だ」と思って普通に食べる。
ダイエット中でなくとも、不規則すぎますよね。

しかし、
この常に何かにしているのが習慣化されてしまうと、
なかなか抜け出せない・・・

一番は我慢してやめる!事なのかもしれませんが、
これは強制的なやり方なので、
長続きしない可能性も高いんですよね。

そこで、は集中先を変えるように努めました。

家にいる時は、食べることから気を逸らすために
マメに模様替えをしてみたり、
やをしてみたり・・・

急激には減りませんでしたが
にしない事を意識しつつ、他の事に集中し始めたら、
徐々には減っていきました。

少しでも減らせる事ができれば、
気持ち自体も変わって来ると思うんです。
何かしら食べてなくても大丈夫じゃない!と。
こう思う事が出来たのなら、いい方向へ進んで行けるはずです。

も、習慣化する前に行動を起こしてみては?

過去のお知らせ

Copyright © 2014 数々のヒット作を世に送り出したティムバートン All Rights Reserved.